化粧箱のメリットデメリット

化粧箱は、広義には印刷などの装飾が施された箱を意味する言葉です。
そしてその存在は、贈答品などを送る際に印刷や箔押しを施した箱に入れることで高級感を演出することを目的に昔から広く使われてきました。

そんな化粧箱は、シンプルな段ボール箱などと違ってオフセット印刷や表面加工など多彩な装飾を施すことが可能です。

化粧箱を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

そのため、その誕生の背景同様その使用により高級感を演出することができる点がその何よりのメリットです。



その際の表面加工には見た目を変える加工だけでなく、表面からの傷を防ぐ効果を期待できるものもあり、機能性という面でも優れた箱を作ることもできます。
また、オフセット印刷などを使うと繊細な印刷を行えるため、ただの梱包箱としての機能だけでなく製品の販促を高める効果まで期待できる点も化粧箱を使用するメリットと言えます。

みなさんも一度は箱の装飾に惹かれて商品が思わず欲しくなった経験があるのではないでしょうか。

ただし、何の装飾もない段ボール箱などと比べて大きなサイズの箱を作ることができません。


これは、ダンボールはロール紙から作られる一方で化粧箱は板紙をベースに作られることが多いことに由来しています。



そのため、一般的に用いられる髪サイズ以上になる大型家電製品等の箱には物理的にその作成が難しい点はデメリットと言えます。


加えて、多彩な加工が可能であるのが化粧箱の魅力であるものの、その分だけ製造コストが上がってしまう点にも注意が必要です。