化粧箱の特長や効果について

化粧箱とは印刷やデザインが施された箱のことを指し、ダンボール箱よりも高級感やオリジナル感が高まる箱です。

今までになかった化粧箱ならこちらのサイトがオススメです。

材質としては厚めの紙やダンボール、厚紙に印刷紙や和紙などを貼った貼箱などで、お菓子など小さいものからビールやワイン、果物などギフトとして使われる場合が多いです。一般的なダンボール箱よりも化粧箱を使うメリットとしては、高級感が高まることや施す印刷などを自由なデザインにすることができること、表面をニス加工したりプレス加工をするなど表面加工も多彩なバリエーションの中から選べる言葉度が挙げられます。

大量できれいな印刷物を作るときに用いられるオフセット印刷や表面加工が可能で、バリエーションが豊富ななため、梱包の役目だけでなく販促のためのツールとしても活用することができます。



しかし一方でデメリットもあり、コストがかかってしまうことと大きなダンボール箱から化粧箱を作ることが難しいということです。

化粧箱は菓子折りの箱などに使われる裏面がグレーを舌板紙を使って作られることが多いのですが、80×110?が板紙の最大の大きさになるので、それ以上の箱になってくると貼り合わせないと作ることができません。
つまり、大型家電のような大きなものを降雨峰する際の化粧箱は作ることが難しいということになります。
これらのデメリットもありますが、高級感を高めることを目的に企業が独自の箱を作ることによって、宣伝効果を高めブランド力を上げることが可能です。