化粧箱の特徴やメリットについて

化粧箱は広い意味だと印刷などの装飾を施した箱のことで、昔から贈答品を箱に入れるときに高級感などを付けるために印刷や箱押しを行ったものと使ってきました。
今はオフセット印刷などを使い紙器全般の表現で使う言葉になり、成果物関係の贈答箱は美粧段ボールを使う箱のことを化粧箱ということが多いです。メリットは段ボールと比べてオフセット印刷や表面加工などで、豊富な種類があり状況にあった対応が出来ます。

安心安全の化粧箱について親身になってアドバイスいたします。

同じ印刷や紙でも、プレスやPP加工などを表面に施すことで見た目も豪華になって高級感も出せます。


詳細な印刷も可能なので梱包としての機能以外に、製品に販促効果を上げるのにも向いてます。



プロセス4色を中心に多色のインキを使い詳細な印刷が得意で、写真・イラストなどの再現性も高くて見た目も綺麗な箱の作成も可能です。

特色のインキが作成しやすいので色の賭け合わせでぶれたくない箇所に使います。



また、表面からの傷を防ぐ効果や見た目を変える加工も多く。


グロス・マットニス・プレス・薄いフィルムを貼るPPやホログラムなどもあります。
同じ柄でも使い分けることで耐性が変わってきて、見た目を大きく変えられて印刷と組み合わせれば内容物のイメージにあった化粧箱の作成も出来ます。
難点は板紙をベースに作成することが多く、よく使われるコートボールはL判と呼ばれる800×1100サイズが一般規格品で最大サイズです。
紙の企画サイズを考えて形状の変更やサイズ調整、別の紙からパーツを取り出して貼り合わせるなどを行います。